<< 6 | main | 8 >>

7

 
日々、刻々と変化していって、
変化しないはずのものなどないとわかっているのに、

変化していくということは
斯くもこんなに恐ろしいこと。


(2011年3月31日)